進みゆく少子高齢化社会と遺品整理業の需要

近年問題視された核家族化ですが、今ではそのようなことが珍しくなくなり、少子高齢化が問題とされています。
少子高齢化問題と、ひと括りにされますが、少子化問題は子供が減っているにもかかわらず、いわゆる待機児童が増加して保育園に入園できないという対策の遅れという問題がありますが、これについては、少なからず利用者側のコストは掛かるものの、非認可保育園への入園や、もしくは認可対策などの対応は遅いものの、需要の受け皿はないわけではありません。



一方、高齢化問題については、介護付きも含めた有料老人ホームの需要が高く、しかも供給が追いついていないという現状から、孤独死という深刻な問題が表面化している現実があります。



いくら親族が望まないにもかかわらず、高齢者と離れて暮らしている方には、やはり可能性として、孤独死という現実と向き合わなくてはならない、あるいはそれを覚悟しなければなりません。




そのような現状から、最近では遺品整理業者が注目されています。

遺品整理業者とは、故人の私物が大量にあってなかなか手がつけられなかったり、また遺品整理後の親族への形見分け、部屋や住宅全体の片付け、遺品の分類、仏壇・人形・仏具の供養をしての整理、そして遺品整理だけではなく、故人の支払っていた月々の契約の解約、不動産や車両の処分など、手間のかかる作業の代行など、多岐にわたって個人の遺品整理に関連する手続きまでも請け負うものです。



業者にもよりますが、24時間365日対応している業者もあり、また、金銭的に価値のある遺品については買い取ってもらえることもあることもありますので、そのような場合は、かかる費用と相殺し、全体の費用が安くなることもあります。
親族に高齢者がおり、高齢者と離れて暮らしている方々はもちろん、同居していても遺品整理に困ることは充分考えられます。
遺品が多い場合や、急な死別でなかなか遺品整理に手がつけられないような場合には、遺品整理業者に頼ってみるのも一考です。



http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E5%AE%B6%E6%94%BF%E5%A9%A6
http://okwave.jp/qa/q8687359.html
http://news.livedoor.com/article/detail/9002948/



mouseover